« satisfaction | トップページ | vow »

2014/07/06

misanthropy

P1020295


いつも夢でしか
逢えないのなら
目覚めなくても
もういいんだよ


ひとみを閉じて
足元で眠ってる

零れてくるのは
あなたの音だけ

朝も昼も夜でも
眠っていたいの


欲しいものなら
分かってるのに
雨じゃない水滴

話しかけてきて
言葉でなくても
声なら届くから

触って欲しいよ
身体でなくても
気配は分るから



いつも夢でしか
逢えないのなら
目覚めなくても
もういいんだよ

ひとみを閉じて
足元で眠ってる

零れてくるのは
あなたの音だけ

苦しく辛くても
側にいて欲しい


また逢えるのは
最期になるのに
怖くもない暗闇

ただ信じていて
それがわたしの
しあわせだから

全部覚えてるよ
すべての時間が
廻っているから



滅ぶ世界でしか
逢えないのなら
目覚めなくても
もういいんだよ

こんな毎日では
どれもが幻なの

一つ確かなのは
あなたの音だけ

いつも夢でしか
逢えないのなら
目覚めなくても







ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« satisfaction | トップページ | vow »