« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/31

immoral act

P1010451


言わせて、言わせてよ
したまま、したままで
言わせて、言わせてよ
誰のどこがどうだとか

真暗な海底に堕とすか
真白な草原に連出して

この世に戻っても甘く

過ぎて脳が溶出す背徳
過ぎて脳が溶出す背徳



嵐の終り、嵐の終りは
そのまま、そのままで
嵐の終り、嵐の終りは
熱と湿り鼓動と眠りと

真暗な海底に漂うまま
真白な草原に寝転がる

この世に戻っても甘く

過ぎて脳が溶出す背徳
過ぎて脳が溶出す背徳




このまま無くしたまま
遠いどこかのままいる




嵐の終り、嵐の終りは
そのまま、そのままで
嵐の終り、嵐の終りは
熱と湿り鼓動と眠りと

真暗な海底に漂うまま
真白な草原に寝転がる

この世に戻っても甘く




そしてまた始めている





ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/27

spank

P1050328


痛みが欲しい
様々な痛みが
少し長い責め

発熱が欲しい
肉厚の赤みが
少し強い責め

暴き出してく
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体

痛みが欲しい



全ての階層で
連なる逆止弁
うねり重なり
蹴るような脚

迸り始めた時
堕ちていく闇
ひとりは昇り
ひとり墜ちる



痛みが欲しい
色々な痛みが
少し長い責め

発熱が欲しい
肉厚に赤みが
少し強い責め

暴き出してく
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体

痛みが欲しい



叫んだ声の炎
内に引いた線
より高い所で
遊ばない遊び
呼吸が止まり
白くなる脳内
ひとりは昇り
ひとり墜ちる

欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体



痛みが欲しい
様々な痛みが
少し長い責め

発熱が欲しい
肉厚の赤みが
少し強い責め

暴き出してく
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体
欲しがる肢体

痛みが欲しい





ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/25

if not for you

P1030439


あの夕陽の夜を忘れない
熱い波とうねり続けた海
物語は残りわずかなのに

笑っていたけど忘れない
言葉にはしなかった予感
物語は残りわずかなのに


あの朝の横顔を忘れない
哀しくなった時は何時も
手放した本なら此処だと

知らせたい事は多いのに
知るすべはもう何もない
もうひとつも仕舞うのに


もう楽しむ意味がないよ
指も届かないところなら
もう苦しむ意味がないよ
声も届かないところなら
もう与える意味がないよ
誰であっても意味がない





ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/24

more merciful than love

1


そう、俺は星屑
破壊された彗星
飛び散った氷塊

そう、欲望の闇
隠蔽された悪徳
薬で自殺する脳

息の様に吐く嘘
剥落してく皮膚
俺のための涙が
俺を蘇生させる

愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く



そう、俺は雨粒
垂下がった黒雲
跳ね返った水滴

そう、欲求の影
仮面の下の罪名
薬で退行する脳

乳の様に吸う謎
うねり返す肉厚
俺だけの祈りが
俺を蘇生させる

愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く
愛より慈悲深く



そう、俺は砂礫
敷詰めてた重油
砕け散った岩盤

愛より慈悲深く

闇の祈りをくれ
闇の祈りをくれ
闇の祈りをくれ
闇の祈りをくれ
闇の祈りをくれ
闇の祈りをくれ

愛より慈悲深く





ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/18

always be aside

P1010083


黒にいる、白にいる

命が続く限りは誓う
どちらの癖にいても

ずっとそばにいると

悪として、善として


命が何処か散っても
いつもそこにいると

いつでも横にいると

終として、始として



Mは被でSは加だと
それはただの思込み



陽は落ち夜は薄れる
命が続く限りはそう

すべては命の部分で
一瞬は全体じゃない

裏だとしても表でも



命が続く限りは誓う
高波で海底堕ちても

離れずそばにいると

老いても、若くても






ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/17

pray

P1010848


言って言って
言ってごらん
今欲しい物を
お願いしてごらん
素直になって
大きな声で何度も

触れて触れて
触れてごらん
今必要な物に
ただ触ってごらん
湿度を増して
大きく深く広げて

ひとりなのに
声だけの誰か
遠く知られる
悦びの啼き声



行って行って
行ってごらん
行きたい所へ
自覚しててごらん
肉厚を回して
大きく口を開けて

挿れて挿れて
挿れてごらん
足りない隙へ
ただ満ちてごらん
掻き混ぜてて
大きく突き出して

ひとりなのに
待ってる指示
遠く知られる
逆らえない癖



泣く事もなく
妬く事もない
後腐れもなく
心配ない虚脱



挿れて挿れて
挿れてごらん
足りない隙へ
ただ満ちてごらん
掻き混ぜてて
大きく突き出して

祈って祈って
祈ってごらん
心の奥の底で
見詰めててごらん
目隠を取って
大きく眼を開けて

ひとりなのに
待ってる指示
遠く知られる
逆らえない癖



言って言って
言ってごらん
今欲しい物を
お願いしてごらん
素直になって
大きな声で何度も

逝って逝って
逝ってごらん
逝きたい所へ
自覚しててごらん
肉厚を回して
大きく口を開けて

ひとりなのに
声だけの誰か
遠く知られる
悦びの啼き声






ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/14

first contact

P1000107


視界の外
感覚の外
時間の外
越えた線

隠れる?
逃げる?
避ける?
超えた面

失ってる
喪ってる
亡ってる
乞えた肉

間違いと
痛みとが
造られる
黒い瞬間

たった2時間で眼は塞がれ
たった2時間で房は捻られ
たった2時間で秘は暴かれ
たった2時間で顎は疲れる

何かを呼び続けてる2時間
何かに非難されてる2時間
120の嘘と至福の2時間
すべて決めてしまう2時間


温度の内
湿度の内
感度の内
鳴いた声

探して?
捜して?
性して?
啼いた音

笑ってる
嗤ってる
咲ってる
哭いた咽

間欠さと
痛みとで
尖ってく
黒い突起

たった2時間で眼は塞がれ
たった2時間で房は捻られ
たった2時間で秘は暴かれ
たった2時間で顎は疲れる

何かを呼び続けてる2時間
何かに非難されてる2時間
120の嘘と至福の2時間
すべて決めてしまう2時間


すべて決めてしまう2時間
すべて決めてしまう2時間
すべて決めてしまう2時間
すべて決めてしまう2時間






ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/12

just a little more

P4200480_1


あんたは悪い指
それで行く行く
車が来るまでに

あんたは黒い毒
そこに愛はなく
一人より一人に

何かを待ってる
ずっと待ってる
感じないのなら
何も変わらない

少しだけ与えて
少しだけ与えて



愛さないあんた
堕ちないあんた
愛さないあんた
堕ちないあんた

少しだけ貰って
少しだけ貰って





あんたは悪い舌
それで逝く逝く
強くするまでに

何かを待ってる
ずっと待ってる
感じないのなら
何も変わらない

少しだけ与えて
少しだけ与えて



愛さないあんた
堕ちないあんた
愛さないあんた
堕ちないあんた

少しだけ貰って
少しだけ貰って





防ぎきれない波
追い詰められて
演技も出来ない
恥の端までも声



愛さないあんた
堕ちないあんた
愛さないあんた
堕ちないあんた

少しだけ貰って
少しだけ貰って



愛さないあんた
堕ちないあんた
愛さないあんた
堕ちないあんた

少しだけ貰って
少しだけ貰って






ブログランキング・にほんブログ村へ

|

2014/05/11

morning

P4200506


目覚めてく光の中で

小さな嘴を確かめる

微睡んでる衣の中で

溢れる滴を確かめる



海の上を歩くように




遠くの何かの歌声に

指を合わせるように

目の裏で煌めく光に

連れ去られるように



海の上を歩くように




そうして何処かでは

善くない事と誰かに

小さくなって祈って

連れ去られるように



海の上を歩くように






ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »