« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/22

numb

O0400030011749338271_2


駄目だとわかってるから
戻ったりはしないつもり

そう言ってくれないから
手は挙げないでるつもり

約束するから安心してて

心地良い船も沈むのなら
私だけともに沈むつもり
救いなんて要らないまま
約束するから安心してて



塗られたもの達は記念に
呑み込んで呑み込まれた

小さな塩水が繰り返して
大きな浪がうねり返した

約束するから安心してて

素晴らしい船も沈むなら
私だけで始末しておくの
赦しなんて要らないまま
約束するから安心してて



ここにあったこと総てで
ここであったこと全てで
深い罪の船底だとしても
本当にここで生きたから



塗られたもの達は記念に
呑み込んで呑み込まれた

心地良い船も沈むのなら
私だけともに沈むつもり
救いなんて要らないまま
約束するから安心してて

小さな塩水が繰り返して
大きな浪がうねり返した

素晴らしい船も沈むなら
私だけで始末しておくの
赦しなんて要らないまま
約束するから安心してて



素晴らしい船も沈むなら
私だけで始末しておくの
赦しなんて要らないまま
約束するから安心してて

約束するから安心してて





|

2012/01/03

depression

O0400030011648651459


眠れない夜がくるよ
眠れない夜がくるよ


夜明けまでのあいだ
こころは闇と踊るよ
月明りの空想のなか
眠れない夜を見るよ



昼間はとても眠たい
目を開けてられない
気分は引き延ばされ
何かが待っていると
思い知らされていく


気づくと夜になって
黒くて物凄い何かの
企みがたくさん奪い
たくさん与えてくる
息と鼓動の時間だけ





夜明けまでのあいだ
こころは闇と踊るよ
月明りの空想のなか
眠れない夜を見てる


世界もとても気怠い
頭を上げてられない
体は横たえられてく
何かが待っていると
思い知らされていく


気づくと夜になって
黒くて物凄い何かの
企みがたくさん奪い
たくさん与えてくる
息と鼓動の時間だけ



夜明けまでのあいだ
こころは闇と踊るよ
月明りの空想のなか
眠れない夜がくるよ



夜明けまでのあいだ
こころは闇と踊るよ
月明りの空想のなか
眠れない夜がくるよ





|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »