« 可愛い詩 | トップページ | またいつの日か »

2009/05/17

祈り

0905_2


沈んで行く泡粒が
感覚だけ落として
夜に逃げ込む私に
罪深さを懺悔する
 
何でも出来ること
信じ込ませていて
遠くてもいいから
苦しい時は包んで
悲しい時は撫でて
いつもそうしてて
 
 
両手の翼がもがれ
底に堕ちて行く時
黒くなる青の中で
奇蹟が欲しいから
 
夢すら見なかった
誰も赦さずにいた
でもその時が来て
飛び散って欠片に
なってしまうから
 
 
何でも出来ること
信じ込ませていて
遠くてもいいから
辛いときは掴んで
痛いときは触れて
いつもそうしてて
 
 
 

dark pray

|

« 可愛い詩 | トップページ | またいつの日か »