« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

海葬対話

1_2
 
2_2
 
 
 
 
プロローグ:失踪のきっかけ
↓ 
回想するA
↓ 
拡散しながらも記憶を辿るA
↓ 
捜索するB
↓ 
気付いたA
↓ 
発見したB
↓ 
神の音を聞き、その光を見るA
↓ 
海底から生還したB
↓ 
転生するA
↓ 
エピローグ:そしてすべてになった
 
 
 
3_2
 
 
 


|

2009/05/18

またいつの日か

090518


I've got no place to go
この世の果てに堕ちて
I never get though I reached the star
離れてくばかりの距離
 
 
犯した傷痕が疼くのは
もう逢えない予感なの?
真夜中の星降る空まで
遠く祈り続けてみても
抱くことすら叶わない
すべて逝ったものたち
 
 
I've got no place to go
この世の果てに堕ちて
I never get though I reached the star
離れてくばかりの距離
 
 
侵していく温度ならば
もう逢えない幻覚なの?
赤い満月が落ちるまで
の海に浮んでみても
 
 
I've got no place to go
哀しいは沈まないで
I never get though I reached the star
瞬くだけの遠くの連絡
 
 
冒していく勇気ならば
い底から掬いあげて
 
 
I've got no place to go
この世の果てに堕ちて
I never get though I reached the star
離れてくばかりの距離
 
 
I've got no place to go
哀しい泡は沈まないで
I wanna vanish into the dark side together
瞬くだけ遠くのエデン
 
I never get though I reached the star
 
 
 

続きを読む "またいつの日か"

|

2009/05/17

祈り

0905_2


沈んで行く泡粒が
感覚だけ落として
夜に逃げ込む私に
罪深さを懺悔する
 
何でも出来ること
信じ込ませていて
遠くてもいいから
苦しい時は包んで
悲しい時は撫でて
いつもそうしてて
 
 
両手の翼がもがれ
底に堕ちて行く時
黒くなる青の中で
奇蹟が欲しいから
 
夢すら見なかった
誰も赦さずにいた
でもその時が来て
飛び散って欠片に
なってしまうから
 
 
何でも出来ること
信じ込ませていて
遠くてもいいから
辛いときは掴んで
痛いときは触れて
いつもそうしてて
 
 
 

続きを読む "祈り"

|

2009/05/16

可愛い詩

090516


乾いてた隙間に
可愛い詩が積る
沈んだ気持なら
ゆっくり温める
 
退屈な毎日にも
偶然という必然
同じ時にいても
見てる違う景色
 
本当の気持なら
降らせる言葉に
すべてを任せて
 
 
 
貴女の儚い強さ
大切と思う気持
静かに見守って
ゆっくり温めた
 
古い摩天楼から
ひとりで見てる
夜明けとともに
消えていく街灯
 
本当の気持なら
降らせる言葉に
すべてを任せて
 
退屈な毎日にも
偶然という必然
 
本当の気持だけ
降らせる言葉に
すべて任せてる
 
 
 

続きを読む "可愛い詩"

|

2009/05/03

葡萄

090503


ありふれた毎日
往き交う人びと
喪失した意味も
行き場のない街
 
忙しさの理由を
捜し回る忙しさ
孤独でない孤独
自由でない自由
 
心を喪した愛と
希望を忘れた脳
 
 
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
ほらどんな感じ
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
もう痛くないね
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
すぐ覚えなさい
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
 
そして見つけた
ひとつになれる
ひとつでいる訳
 
 
 
これが必要なの
 
 
 
不足ない世界で
まるで死んでる
全て充たされて
何も満たされず
 
疫病で死ぬ子も
辛い飢えもない
過剰が生む異常
安定が産む変異
 
涙は涸れた眼と
思い遣りない嘘
 
 
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
ほらどんな感じ
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
もう怖くないね
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
すぐ覚えなさい
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
 
そして見つけた
ひとつになれる
ひとつでいる訳
 
 
 
 
重なってく熱さ
必要なものは何
それは時間時間
煌めいた白い肌
必要なものは何
それは時間時間
これを得る時間
 
 
 
繰り返すのは罪
 
 
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
ほらどんな感じ
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
もっと良くしな
 
そして見つけた
ひとつになれる
ひとつでいる訳
 
 
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
ほらどんな感じ
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
もう痛くないね
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
すぐ覚えなさい
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
 
そして見つけた
ひとつになれる
ひとつでいる訳
 
 
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
ほらどんな感じ
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
もう怖くないね
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
すぐ覚えなさい
 
さあしてごらん
ゴメンナサイは
 
そして見つけた
ひとつになれる
ひとつでいる訳
 
 
 

続きを読む "葡萄"

|

2009/05/02

口咬

090502


くちかみ
 
夢へ誘い
誘われる
 
いまだけ
うずまる
 
崩れる膝
請い合う
 
 
 
 
くちかみ
 
闇に墜ち
誘い込む
 
いまだけ
飢え施す
 
崩れる膝
請い合う
 
 
 
 
どこかで
広がる焔
 
内か外か
どこかで
 
どこかで
待つ本能
 
強め合い
弱くなる
 
くちかみ
くちかみ
 
 
 
 
どこかへ
連れ去る
 
いまだけ
融け絡む
 
崩れる膝
請い合う
 
 
 
 
くちかみ
 
林檎の毒
誘い呑む
 
いまだけ
広がる扉
 
崩れる膝
請い合う
 
 
 
 
どこかで
広がる焔
 
内か外か
どこかで
 
どこかで
待つ本能
 
強め合い
弱くなる
 
くちかみ
くちかみ
 
 
 

続きを読む "口咬"

|

2009/05/01

循環

090501


すべての命に生れ変った
すべての細胞の隙にいる
すべての体に成り換った
すべての細胞の隙にいる
 
すべての罪とすべての罰
すべての細胞の隙にいる
すべての悦とすべての痛
すべての細胞の隙にいる
 
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
 
 
 
洩れる歌に耳を澄ませて
洩れる歌は細く絡ませる
洩れる声に耳を澄ませて
洩れる声は密やかになる
 
洩れる音に耳を澄ませて
洩れる音は細く絡ませる
洩れる嘘に耳を澄ませて
洩れる嘘は密やかになる
 
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
 
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
 
 
 
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
欲しい想いなら隙にいる
すべての想いは隙にいる
 
 
 

続きを読む "循環"

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »