« 傷痕 | トップページ | 想いだけ手に入れず »

2009/04/19

090418


うなされていた夜
どこでと伸ばす手
答えのない後ろ髪
霧に霞んで溶けた
激しく打つ動悸に
地面すら分らない
 
そして蜘蛛が来た
払おうとしない手
輪郭の見えない顔
すべてに隠れてた
もうそれは蜘蛛の
仔蜘蛛の塊だから
 
仔蜘蛛のカタマリ
 
 
 
底から目覚めた朝
自由な世界は嘘の
自由じゃない世界
みな何かに集られ
糸で巻かれている
清々しい朝は錯覚
 
そして蜘蛛が来た
払おうとしない手
見ようとしない眼
すべてに隠れてる
隙間という隙間に
仔蜘蛛の塊だから
 
仔蜘蛛のカタマリ
 
 
 
拒否しないのなら
必ず吸いに来る蟲
拒否しないとほら
夜中に入り込む蟲
拒否しないとほら
どこ迄追って来る
 
 
 
そして蜘蛛が来た
払おうとしない手
聞こうとしない耳
すべてに隠れてる
隙間という隙間に
仔蜘蛛の塊だから
 
仔蜘蛛のカタマリ
仔蜘蛛のカタマリ
仔蜘蛛のカタマリ
仔蜘蛛のカタマリ
 
 
 

human being

|

« 傷痕 | トップページ | 想いだけ手に入れず »