« 二匹 | トップページ | 風景 »

2009/03/16

交錯

090316_2


わたしは沈んで
広がっていたの
 
 
鉛の風を見た
混ざる鈍さが
鈍さが鈍さが
哀しくさせた
 
 
わたしは沈んで
広がっていたの
そしてそこら中
散らばった眼で
 
 
荒れ狂う音は
小屋の寝床の
塞いだ耳まで
悲しくさせた
 
 
わたしは沈んで
広がっていたの
そしてそこら中
散らばった眼で
陽を待ってたの
 
 
今まで識った
様ざまな世界
乾き続く咽は
無限の暗い欲
 
 
わたしは沈んで
広がっていたの
そしてそこら中
散らばった眼で
陽を待ってたの
 
 
鉛の風を見た
混ざる鈍さが
鈍さが鈍さが
哀しくさせた
 
 
 

Interplay of light and shadow

|

« 二匹 | トップページ | 風景 »