« 白い世界 | トップページ | 人 »

2009/01/10

090110


崩れた空を見てた
光る細かな空隙が
当って流れ落ちる
 
 
自分だと気付いた
 
 
それは冷えて冷え
冷えて冷えて冷え
自分からも流れた
 
 
 
動くことない休息
丸い鈍色の散弾が
当って通り抜ける
 
 
自分だと気付いた
 
 
それは冷めて冷め
冷めて冷めて冷め
自分からも流れた
 
 
 
もし選べるのなら
何度も生まれ直す?
失い続けるものを
何度も奪い続ける?
 
彼は言う、それは
ただの妄想なのに
頭の中だけなのに
ただ妄想なのにと
 
 
 
 
限りなく整理して
途方なく洗浄して
そこで待ち続ける
 
 
自分だと気付いた
 
 
それは冷めに冷め
冷めに冷めに冷め
自分からも流れた
 
 
 
もし選べるのなら
何度も生まれ直す?
失い続けるものを
何度も奪い続ける?
 
彼は言う、それは
ただの妄想なのに
頭の中だけなのに
ただ妄想なのにと
 
 
そしてそれは流れ
そして冷えて冷え
それは冷めて冷め
自分からも流れる
無くなってしまう
 
 
何故なら、それは
ただの妄想だから
頭の中だけだから
ただの妄想だから
 
 
 

|

« 白い世界 | トップページ | 人 »