« 崩壊 | トップページ | 硝子 »

2008/09/04

090904


麦わら帽ときらめく小川
青空のなかを流れてる雲
光を駆け抜ける子供たち
焼けてく肌にきらめく汗
 
冷えたトマトにきゅうり
憶い出すように鳴る風鈴
蚊取り線香と青畳の匂い
焼けた肌を休ませる団扇
 
なぜか物悲しい花火の夜
神社と夜店と浴衣と黒髪
灯りに照らされた紅い唇
剥け始めた肌の虫さされ
 
憶い出すように鳴る風鈴
 
 
 

Late summer

|

« 崩壊 | トップページ | 硝子 »