« 5648 | トップページ | 回る声 »

2008/09/09

080909


恋は人が見たい夢
だからこんな儚い
触れた肌はひと時
想い出は永遠でも
 
海に放り投げた詩
うねりに揉まれて
あてもなく彷徨う
 
 
 
辛いだけだからと
終わりを口にした
それは痛ましい嘘
想いはいつまでも
 
海に放り投げた詩
やがて底へ沈んで
あてもなく彷徨う
 
 
 

Deep-blue poetry

|

« 5648 | トップページ | 回る声 »