« 弁証構造 | トップページ | 狂おしく »

2008/09/24

収監

080924


時が押し流そうと来て
傷を癒そうとするから
逃げ込んで鍵を掛けた
誰も知らない心の闇に
 
そう私は罪人そう罪人
情けなんて無用なひと
ただの罪人ただの罪人
そう孤独に放り込まれ
赦されるなんて生温い
 
 
 
夜明けまで雨が打って
罪を流そうとするから
逃げ込んで鍵を掛けた
場所も解らない黒闇に
 
そう私は罪人そう罪人
容赦なんて無用なひと
ただの罪人ただの罪人
そう孤独に放り込まれ
塞がれるなんて生温い
 
 
 
もっと黒い液を静注し
心なら壁に塗り込めて
 
 
 
そう私は罪人そう罪人
祈りなんて無用なひと
ただの罪人ただの罪人
そう孤独に放り込まれ
殺されるなんて生温い
 
 
 

Imprisonment

|

« 弁証構造 | トップページ | 狂おしく »