« 温もり | トップページ | すべて »

2008/07/23

世界

080721


喪失、良く知ってるその名
彼、見たこともないその姿
その意味その理由その本心
問わずにいられない、何故?
 
 
 
 
崖から叩き落とされてく蝶
様々な光が一瞬だけ生きる
世界は冷たく温かく見守る
その命
 
肌に書きなぐられてく時間
跳ねまわる口と踊り狂う舌
欲の中に横たわってる虚無
その命
 
熱と湿りの間に沈殿した夜
肉に記憶された遠くの歌声
世界は無関心にただ見守る
その命
 
生々しい夢に隠された冷酷
崖から叩き落とされてく蝶
世界は冷たく温かく見てる
その命
 
 
 
 
彼の腕に包まれてしまうと
すべては充たされてしまう
冷酷は言葉と関係なく跳ね
情熱は願いと関係なく喪う
 
 
 
 
ただそれだけで在るだけで
そこにここにいるのは何故
その意味その理由その本心
問わずにいられない、何故?
 
 
ただそれだけで在るだけで
世界は静かに見ているだけ
その命この命それらの喪失
問わずにいられない、何故?
 
 
 

World

|

« 温もり | トップページ | すべて »