« 存在 | トップページ | 歪む »

2007/08/10

毒味

070810


手応えない優しい顔
外から見えない欲闇
内で膨張してく危険
そこに墜ちていく雌
 
足首に喰いつく狩罠
拘束された鎖を曳き
平手打ちを望んでる
喉が開く堪らない罰
 
見上げた安全の縁は
遠過ぎて分らない程
ねじ切られた首なら
空隙に埋められた頭
 
気がつくと馬乗りで
貪り味わっている肉
全身に巡らせてる毒
滴った危険過ぎる味
 
全ての行為が欲しい
全て解ってやってる
 
 
止めるには病み過ぎ
与えられた容器から
自ら啜り入れる中毒
持ち去られていく脈
 
見下ろした柔い波は
衣擦れと肌と肉の音
浮遊してる天井から
昂ってく発熱を視る
 
気がつくと馬乗りで
貪り味わっている杭
そして巡らせてる毒
舐めた危険過ぎる味
 
全ての行為が欲しい
解っててやってるの
 
 
気がつくと馬乗りで
貪って味わってる肉
全身に巡らせてる毒
滴った危険過ぎる味
 
 
墜ちて赤い舌を喰う
もぎ取られた頭から
様々な雑音を聞いて
踊る手と足の反射は
迎える準備を報せた
 
 
 

Addiction

|

« 存在 | トップページ | 歪む »