« 夢 | トップページ | 輪 »

2007/07/08

070708


どんな想像やどんな妄想なら
溢れる熱を受けきれるだろう
どんな器具やどんな容器なら
 
柔らかな白い衣に湿った囁き
叫びはありのままを誘ってた
 
あなたの重ね着した黒い罪に
永遠に彷徨う水面を視ている
過ちをそのままに受け入れて
ただ受けて受けて受け入れて
 
 
 
たくさんの断続した破裂音は
痛みを嬉しさへと変換させる
どうしても普通に許さないで
 
光と色が無意味へと拡散して
透明で暗い空洞は何が埋める
 
あなたの重ね着した黒い罪に
永遠に彷徨う水面を視ている
過ちをそのままに受け入れて
ただ受けて受けて受け入れて
 
 
 
柔らかな白い衣に湿った囁き
顔にかけられる仕組まれた圧
 
部屋の灯りや鏡の肌や鼓動を
夜明けの直前に思い出しても
過ちをそのままで落したのは
 
あなたの重ね着した黒い罪に
永遠に彷徨う水面を視ている
過ちをそのままに受け入れて
ただ受けて受けて受け入れて
 
仕込まれた激しさで縁取って
規則的に繰り返してる窒息感
過ちをそのままに受け入れて
ただ受けて受けて受け入れて
 
分ってくあなただけ分ってく
 
 
 

Sin

|

« 夢 | トップページ | 輪 »