« 虚無の中の真実 | トップページ | 屍骸 »

2007/04/13

1時51分

070413_1


夜中に街を彷徨う
同じ感覚があるの
視た物が眩しいの
似た者が欲しいの
名前と顔と居場所

無人の通りを渡り
闇に溶ける高揚感
黒に融ける浮遊感
免疫のある孤独感
足早な靴音が響く

愛が何か解るよう
愛を注いでみたい
ただ愛してみたい
すべて一人にだけ


夜中に街を徘徊る
眼に口に鼻に耳に
寝静まった雑音の
気配だけ充満する
名前と顔と居場所

無人の通りを渡り
ふと食べ物の匂い
微かな雨粒の匂い
遠い昔の髪の匂い
早足の靴音が響く

愛を注いでいたい
脳内の大河の流れ
ただ愛していたい
すべて一人にだけ


夜中の街の出来事
夜中の街で思う事



One five one

|

« 虚無の中の真実 | トップページ | 屍骸 »