« 月明りの夜に | トップページ | 背中 »

2007/02/03

070203_1


こんなに逢いたい気持
胸の亀裂から溢れてる
それは流れて君の石に
そこは遠くの違う世界
もう触れられない時間

今更取返しもつかずに
指からすり抜けてた砂
それは流れて君の石に
誤解とかすれ違いとか
本当馬鹿げてたんだと

今頃わかったとしても
泣き顔のキスの意味も
それは流れて君の石に
そこは遠くの違う世界
もう撫でられない時間

抜け出して待ち合せた
夜を歩く二人だけの時
ああして偶然出会って
初めて見詰め合った時


あの夏に遊んだ海の青
あの雪にさした傘の赤
いま同じそこに立って
舞い戻る想い出の中で
隣にいた君を忘れない

今迄取返しもつかずに
指からすり抜けてた砂
それは流れて君の石に
誤解とかすれ違いとか
本当馬鹿げてたんだと

今頃わかったとしても
君のさよならの意味も
それは流れて君の石に
そこは遠くの違う世界
もう届きはしない時間

抜け出して待ち合せた
夜を歩く二人だけの時
ああして偶然出会って
初めて見詰め合った時
追いかけじゃれてた時
後ろから抱締めてた時
黙って髪を撫でてた時
ずっと二人で漂ってた
白い部屋のすべての時

抜け出して待ち合せた
夜を歩く二人だけの時
ああして偶然出会って
初めて見詰め合った時
ずっと二人で漂ってた
白い部屋のすべての時
ずっと二人で漂ってた
白い部屋のすべての時



Stone

|

« 月明りの夜に | トップページ | 背中 »