« 善良と悪徳 | トップページ | この世の終わり »

2007/02/09

浮遊熱

070209


空を飛んでいる
仰向けのままで
空を飛んでいる
動かないままで
流れてく雲の中
腕を伸ばしてる
完全なる浮遊だ

不意に迫る氷山
動かないままで
避けようとする
切れそうに寒い
その速度のまま
伸びた指の先へ
激突閃光暗闇白

夏に照らされて
今年は異常だと
汗まみれで言う
咽がからからだ
この暑さは何だ
腕が伸びたまま
荒道を歩いてる



目覚めた天井は
じりじりと白い
落ちる廻る感覚
銀色の細い棒に
絡まる不快な蔦
供給される浮遊
動かない腕と指



Floating fever

|

« 善良と悪徳 | トップページ | この世の終わり »