« 慈悲 | トップページ | 熟れた果実 »

2006/10/05

絶対零度

061005


圧倒的な彼は星を撒いて
届かない望みを与えてる
 
普通であることへの慰め
 
 
絶対的な彼は月を光らせ
苦みと痛みを溶かしてる
 
必要でないことへの労り
 
 
じわじわと理解させる罠
決して確認できない説明
圧倒的で絶対的で卑怯者
 
 
 
途轍もなく遠いところへ
行かなきゃいけないこと
 
皆同じだからという説得
 
 
途方もなく離ればなれで
本当は孤立していること
 
真実を透かし強いる納得
 
 
じくじくと膿んでいく脳
決して確認できない存在
圧倒的で絶対的で冷酷者
 
 
 

Absolute zero

|

« 慈悲 | トップページ | 熟れた果実 »