« 無限集合 | トップページ | 骨 »

2006/09/25

徴候

060923


地上に撒いた星屑の上で
両手を着けた夜空が曇る
搾られるたびにおまえは
愛着の吐息を上げてくね
 
望んでた状況のギャッブ
ようやく辿り着いた安息
 
何てことしてるんだろう
その感覚を分け合う暗色
 
 
真白に撒いた写真の上で
裏側の感性に溺れる奴隷
絞められるたびおまえは
さまざまに染まってく脳
 
瞬間の煌めきにある永遠
静寂の中で打ってる鼓動
 
何てことしてるんだろう
それが呼ぶうねりの背徳
 
混合してたい互いの存在
 
 
 

Symptom

|

« 無限集合 | トップページ | 骨 »