« M - no love no cry - | トップページ | handle M »

2006/04/12

the passage of a parade

060412the_passage_of_a_parade


天空の濃青色から
やがて透明な黒へ
変化して行く周囲

すでに太陽や月や
外惑星達も小さく
遠くへと去った点

星の渦塊すら離れ
宇宙の原初なのか
終末なのかすら謎


光と言えば星屑が
ちらちらとしてる
唯それだけの世界

漆黒の透明な闇が
俺達を包み込んで
ふっと気付いた時

未来の俺は見えず
過去の俺も消失し
完全に俺はひとり


虚無に取り残され
何者かの絶対的で
圧倒的存在の気配

至福の絶望感から
絶頂の墜落感へと
それが哀しい予兆

宙の唯一の物へと
拡散して混練され
それが嬉しい予感


より信じる方向へ
取り込まれ存在し
透明へと同化した



ザ パッセイジ オヴ ア パレイド
俺達の通過

|

« M - no love no cry - | トップページ | handle M »