« ウェラバウツ | トップページ | フラグメント »

2006/03/05

モノポリー

060305


これほどぴったりくるものがあるのかと
不思議な感覚で拡散して混ざっていった
とても違うものなのに同質を確信してた

そんなにぴったりくるものがあるのかと
二枚あるはずの皮膚が一枚だけになった
予想していた通りにこれまでにない感覚

あれほどぴったりくるものがあるのかと
互いの呼吸すらも補完し合ってしまった
たぶんこれから対となり堕ちていくのだ

どれほどぴったりくるものがあるのかと
偶然とは考えられない必然の温度と行為
それを何度も確認するよう繰り返してた



monopoly
専有

|

« ウェラバウツ | トップページ | フラグメント »