« インクラネイション | トップページ | アナスタモーシス »

2006/02/18

エタモラジィ

060218


星の下煌めく結晶の群れと
石と硝子と石灰の塊の中で
たくさんの浮かぶ小さな湖
そのひとつで遊んでる水鳥

白く細い曲線を突き出して
ふたりの卑しい勇気を試す
両手をゆっくりとまきつけ
沈みながら沈めたい欲望は

もう飛ぶ気も失せてるから
なまぬるくなるまで静かな
空中の湖底に漂ったままで
耳をすませじっとしている



etymology
言葉の真実の意味

|

« インクラネイション | トップページ | アナスタモーシス »