« ソルジャー | トップページ | メモリー »

2005/12/26

センス

051226


ほとんど有機物と少しの無機物だった僕を
いま君は溢れるほど大切に思ってくれてる
 
こんな気体だけになってしまった心だけで
心だけでも君のことは忘れられずにいるよ
 
小虫とか動物たちの仕業に感謝したりして
論理なんかより真理を知ってしまったいま
 
眠ってる君のまぶたの裏を月光で照らして
眠ってる君の耳に星の光を聞かせてあげる
 
いつまでもしあわせな日々を忘れないよう
いつも君を思ってる僕を夢に見られるよう
 
 
 
気持ちとか消滅することなく拡散するけど
君はまだ忘れられずにいてくれてうれしい
 
こんな自由だけになってしまった心だけで
心だけでも君のことを大切に思っているよ
 
軋む音や不意の物音に気配を込めたりして
青空より深く青い空を知ってしまったいま
 
どうか存在しない胸の痛みが伝わるように
どうか存在しない唇の感触が伝わるように
 
いつまでも悲しむだけの日々を忘れるよう
いつも僕を思ってる君を包んで守れるよう
 
 
 
眠ってる君のまぶたの裏を月光で照らして
眠ってる君の耳に星の光を聞かせてあげる
 
それでしあわせな日々のことを思い出して
いつも君を思ってる僕を夢に見られるよう
 
 
 
大丈夫
大丈夫
大丈夫
 
今夜会えるから
 
 
 

sense
意識

|

« ソルジャー | トップページ | メモリー »